Re:11colors

だいたい木曜更新です。革靴、洋服、プラモデルなどものに触れて感じたことを書きます。文学フリマ東京に大体います。 お仕事お問い合わせは 4mens.shoes@gmail.com よろしくおねがいします。

にごり湯のようなスカイレイ

一年前にどうにも我慢ができなくなって初めて接着剤を使うプラモデルを買った。 それは、飛行機のプラモデルだった。 re-11colors.hatenablog.com このときに飛行機をいくつか作ったけど、今思うとスケールアヴィエーションの1,500円キット特集は良かったと…

家のミニカー NOREV RENAULT 4L

ミニカーは、車を手軽に楽しむ手段で、なんとなく良さげな物を置いておくと、割と落ち着いた、でも、楽しい部屋になる。 また、暇なときとか、じーっと見てるには微妙なテレビなどを見ながら動かしても楽しい。 ただ、注意が必要でトミカ(にも初回出荷は色…

釜石花巻盛岡

自分から行きたいと思って行く旅行は人生で初めてだったのだけど、とても面白かった。 旅行を通じて思うことは、色々とあるんだけどこうして普段いる場所から遠く離れると人は興味関心のあるものばかりをよく見続けると気付いたりもした。 山は、ツールドフ…

模型は発見の遊び

一年くらい目覚めたようにプラモデルを作っているがその前にガンプラを作っていた頃と随分と取り巻く環境が変わり、これはまさに洋服好きたちが各々にそれぞれの主張を花火のように打ち上げたり、コレクションについてどれだけ話ができるのかなど、そういっ…

Citroën 緑のメアリ

好きな色は緑だ。あとは黄色と青も好きだ。 黄色と青が好きなのは混ざると緑になるからだろうか。 スーツやシャツ、ネクタイや靴でも緑のものを持っている。 緑は、良い色だ。その中でも、あまり見ない緑は良い緑のことが多い。 オリーブグリーンやカーキと…

まるで試験のような、挑戦を

F1ってなんだか模型の中でも華がある気がする。これはずっとそう思っている。形も、精密な見た目もそう。デカールなどで表現されるグラフィックもそう。なんか、かっこいい塊。部屋に置いたらかっこよさで周囲の全てを吹き飛ばす。 安いということを教えても…

仕事と模型

最近、プラモデルを作ってるんですが、箱を開けて説明書通りの手順をこなすと形になる。ただ、これはマニュアル通りの仕事でもあし、やらされ仕事なんだよなって思ったりもする。でも、マニュアル通りに作ることで形が出来上がるのは楽しい。これは作る側に…

アイデアが実行され形になるとき

オーシャンズ11を始めとするオーシャンズシリーズが好きで、中でも第2作にあたるオーシャンズ12でメンバーが「なんでオーシャンズなんだ?」と疑問を持った後にオーシャンが「アイデアは俺が出したから」みたいな話をしたか何かで、その後に仲間たちが「でも…

カリモク60のミニチュアを買おう

数年後、店でお客さんに「え、なにこれかわいい。売ってないんですか?」と言われ「ごめんなさいこれ、数年前にガチャガチャで売ってたやつで」とならない未来の案とヒント。 昨日、カリモク60のミニチュアがケンエレファントから発売された。 \NEW★「カリ…

模型にオーセンティックはあるのか

パンツはリーバイスの501、靴ならコンバース、アディダスにナイキ。レッドウイング。リーガルだってそうかも知れない。シャツはブルックスブラザースのボタンダウンにでもしておこうか。時計ならセイコーやG-SHOCK。まぁ、何でも良い。定番でトラディショナ…

板の塊。Heller Citroën Type H 1/24

「欲しい物があったら地球の裏側まで探せ」というのは服好きの友達と話す中で聞いた言葉だけどこれだって、俺の欲しいものだった。 勧められて気になる。そして買う。まだ趣味として成熟していないうちは良いと思ったもの気になるものは買いまくって、吸収し…

水風呂

背中を抜ける水は身体の熱で温度が上がり、ぬるくなっていた。 一昨日、銭湯で水風呂に入りながら模型について考えたり反省をしていた。 途中で、遊びにそんなに熱くなっている自分をバカにする様に道具を投げ出し、テーブルから離れる自分が浮かんだが、模…

エレールを信じる

車って乗らないし、今後も乗る予定はないんだけど、デザインが面白い。 友人に「最近車に興味がある」と話したら「車ってほんと凄いんだよ」といろいろ教えてくれた。あと、どういうわけか、通勤のときに通るデカイ道路は魅力的な車が走る。 ポルシェ911、VO…

飛行機を作りたくなる時

ツールドフランスを10年ぶりくらいに見ている。 今年は、開催期間中ゆっくり過ごせそうなのでJ SPORTSと契約して見られるようにした。10年だ。10年間、俺の夏に平穏はなかった。 その間、様々な仕事をしたが確かにそうだなと思う。帰りが遅い、休みが不安定…

模型よ手軽に

入谷朝顔市で団十郎(これは正確には新団十郎)だけの鉢があって奥さんも欲しいって言うし、何よりも森見登美彦の世界のようなリアルファンタズムな感じって言っても現実そのものなんだけどそういう雰囲気を持って帰りたくて買ったんだけど、そのときに売っ…

自転車のプラモデル

タミヤのミリタリーミニチュアを始めとした軍モノのプラモデルはそれはもう、滅茶苦茶な量のラインナップで、それは、例えば少し興味を持って調べるとアレもいいコレも良い。戦車として名作、あの映画に出た、新規の金型がどうのこうの、いやこれは古いなが…

頭の中に存在する「車」がわかった日。

カーモデルってどこまで手を加えると、というかどういう条件を満たせばモノとしてギリギリ成立するのか気になっていた。 以前作ったエブロのルノー4フォルゴネットはそういった観点からすると、非常に面白く「ここがメッキだから間が持っている」とかそうい…

スケールアヴィエーションと俺とスウェーデン

スウェーデンという国のユニークさに、どのように触れたことがあるだろうか。 私は、あの異様なデザインがかっこよい、スウェーデン軍のM59ジャケットや69ジャケットが最初のそれであった。どこの国の物にも似ていないルックスにガツンとやられM69ジャケット…

模型に作家性を感じる日  

作家性とは、この記事では「誰かが作った様子が明らかにわかる」ということを指す。 エブロのルノー4フォルゴネットの箱を開けた瞬間の驚きは、思わず作りたくなるその姿に尽きる。これはボディパーツの一体成型の様であったり、ランナーの梱包の感じとかそ…

切り離されたパーツとパーツが組み合わさって

この車が欲しかったから作る。この戦車がかっこいいから作る。俺たちはいろんな理由でプラスチックが入った箱を買い、開け、バラし、組み立てる。 バラし? そう。プラモデルは一回パーツを切り離す作業があって、組み立てる。そこに注目すると「プラモデル…

靴の抜き差し

この手の靴は一つの、飛び道具みたいなものなのですが。 ドレスのデザインで、タフな革を身にまとわせてそのコントラストを楽しむやり口はずるいというか渋いというか、なんですかね。 「こういう靴がもっとあればいいのに」 と思うようなことはありますが、…

形と形のぶつかり合い

模型が部屋に置いてある置物と合うってのはこれはなんというか、部屋に置いてある置物と密接に関係があるので具体化される話ではないんですけども。 ただ、何にでも合う状態がきっと、それぞれの模型ごとにあって、それを俺の中ではキット毎に纏うフレーバー…

豚色のポルシェの奥深さ

テレビの画面をピンク色のポルシェが走る。 当時の俺はポルシェ934イェーガーマイスターを組んだ後で、いよいよ俺もレース関連の番組を見るか。なんて思った瞬間の衝撃だった。 レーシングカーのデザインは車のシェイプとスポンサーカラーが交わる交差点に生…

色について

ああ、今日はプラモデルの色について話そう。 色。そう色だ。色というのは非常に扱いが難しいが、楽しい分野だ。 特に今は、黒を白にするようなことが簡単になったし、今後ももっとそういうことは進んでいく。きっとムラなく、すぐに色を塗る事自体もいつか…

むき出しの形と誠実さ

世の中には様々な模型がありますが、それでも未だに形になっていないもののほうが多く、それは今後も変わらないような気がしています。 その中でもトラクターは形になっていないもの寄りの形になっているもの。要するに「キットはあるが数は少ない」という状…

プラモの飾り方

プラモのある生活という記事を書いたが、それを実現するためには飾り方が大事な気がしている。 re-11colors.hatenablog.com この言葉自体がものすごく抽象的なものではあるが、私の場合はちょっと目をやるとプラモがあるとか、暇なときに少し飾り方を変えて…

農耕機のキーリングとかいうかわいい存在

農耕機ってなんすかね。昔のものは特に可愛く見える。不思議だ。 可愛いものはかなり好きなのですが、もろトラクターみたいなプラモデルはあんまりなくてその辺は、今後の展開に期待しましょう。海外製のものを手に入れてみてもいいかな。なんて。 機能に従…

ロードスターと好きな色

カーモデルの白いボディは色を塗らないという選択をしにくい存在でありながら、一方で好きな色に塗りやすいという側面を持っています。この辺は成型色を生かして仕上げると考えるとマイナスですが、塗るのであればむしろありがたいというのが現状です。 そし…

ロードスターで遊べ

俺は車に乗るならオープンカーだとずっと思ってる。 車種はなんだろう。免許ないし、方向音痴だし、乗らないからな……なんてこの話は幕を閉じない。 俺の人生の書である「帯をギュッとね!」と「モンキーターン」。そして「とめはね!」の作者である河合克敏…

完璧の悪魔とフェラーリ

「無駄のない形」などということをたまに口にするがそれが本当にそうなのかはその時の思いつきで言っていることがほとんどだったり、その場ではそうであったりしてあとで振り返るとそうでもないことがあったりして無駄のない形ってなんだろうかという気持ち…