Re:11colors

毎週木曜日更新です。

イタリアの靴を思う

一年ほどこの靴を愛用している。

私にとってこの靴は何かと学びの多い一足である。

 

http://instagram.com/p/pV42EIslL5/

*1

 

まず、第一にイタリアの靴はバカに出来ないということだ。

今となれば「何を言っている」と過去の自分に言えるほどにイタリアの靴を愛せるようになったが当時はやっぱりイギリス・フランス・アメリカのあたりのそれが眩しく、イタリアの靴はどこか格が落ちる様な気がしていたのだ。

しかし履き続けているとどうだろうか。靴の作りはもとより、なにより「自分に似合う」のである。これは知らなかったし気づかなかった。さらに言えば先が尖った靴に対するアレルギーをこじらせ、それイコールイタリア。つまりかっこ悪いという風に思っていたのだが、どうやらそれすらも勘違いであったようでこれはいよいよ申し訳ないことをしたな、イタリア。と思いながらこの靴を履き続け、愛用することにしたのだ。

 

次はスクエアトゥの良さだ。

先にあげた「似合う」原因はここにもあるのではないかと思っているが、こちらも何より私の不勉強を正してくれた出来事である。ラウンドトゥ、ぽってりとした靴が良いと思っていたが正しく用いればなんてこともない、このスクエアトゥもかっこいいじゃないか。一気に服装の幅は広がり、考える楽しみが生まれ今までよりもグッとファッションというのが好きになった。

 

最後は革靴はとにかく履かねばならないということだ。

冒頭に書いた通り、一年間愛用し続けて切に思うのはコレだ。

貰った頃と現在新品の頃と今、どう見たって今の方が自らのものとなっている気がするしぐっとかっこよくなっていると思う。

去年よりも深く刻まれた皺、汚れ落とし、クリーム、ブラッシングという一定の手順を繰り返すことによって生まれる新品とは違うツヤ。何よりもカッコいい。

 

http://instagram.com/p/pV3Q7SMlKo/

*2

 

私の最初の一足はChurch'sのシャノンでありその靴は私をどこへでも連れて行ってくれるような強い靴だが、この靴は私に革靴の面白さを善く教えてくれた靴だと思う。

*1:買い立ての頃

*2:昨日撮影。一年ほど愛用