Re:11colors

毎週木曜日更新です。

ateliers PENELOPEのバッグ

アトリエペネロープの鞄は代官山のマンションの一部屋で展開されていた頃から抑えるところを抑えている鞄だなと非常に感心していた。

 

f:id:nero_smith:20151217215528j:plain

 

鞄の中身も年齢と環境の変化によって様々に変化してくものだと思うが、やたらと出歩いていた学生〜就職して数年目まではここのショルダーバッグ。途中で時流の変化を感じたのかトートバッグへ。そして一時的に離れたものの使い勝手の良さと色の綺麗さからそのトートバッグへ戻る。
現職についてからもバックパック以外の日に使ってはいたが今年になって手帳でスケジュールを管理するようになったり一眼レフのカメラを常備するようになったりと常に持ち歩くものが増えてしまい、従来品では少し容量不足に。とはいうものの具合のいい鞄が見つからず、多少の不便を承知の上使っていたがごまかしがきかなくなってきてバックパックの登板回数が増え……と思ったら出勤時の服装の変化がそれを背負うことを許さなくなってしまった。

春頃からふらりふらりとさまよい、色々な鞄を見ては悩み、買わない。
バーキン型のイタリアの知る人ぞ知る……なんてものも持っているがガンガン外を歩くときは重たい。腰に響く。そんな悪戦苦闘の数ヶ月、ふとアトリエペネロープのサイトを覗くと「新作入荷のお知らせ」。

期待を込めて該当ページへ進むと正に求めていたものを発見できたので即購入。

 

f:id:nero_smith:20151217215609j:plain

 

私は鞄を選ぶときは見た目の良さはその鞄が想定させる動作に好感が持てるかどうかが大事だと思っている。「機能美」と言えば理解しやすいと思うが少し違う。鞄を見て使う様を考える。

大きめなトートバッグは容量は増えるものの深さが増すので奥底にすぐ出すものが埋もれてはいけない、ジップ付きの方がカメラなどを守れるがこれはこれでジップを開けるワンアクションが電車内など人が多い空間で何かを出すときに周りに迷惑がかかる(などと色々考えていたせいで新しいものが買えなかったのだが)。何を入れるのかを考えるように何を出すのかもイメージする。

 

f:id:nero_smith:20151217215647j:plain

 

「全部満たしてくれる鞄を見つけた!」

とばかりに購入。ジップ式のトートバッグの不便を解消してくれる側面のポケットが非常に好感が持てる。

革の鞄も欲しいなと思うが重量面ではこういった帆布バッグに軍配が上がる。

沈みがちな色にも関わらず発色の良さがあるのもアトリエペネロープの鞄の良いところ。