Re:11colors

毎週木曜日更新です。

中山製靴3ヶ月

タイトルの通りで3ヶ月ほど履いているけど特に記録を残していなかったので、書こうと思う。

 

f:id:nero_smith:20180524213701j:plain

 

「本当は」って言って良いのかわからないが、本当は登山靴なので街履きにしようというのも中々悪い話だ。そんなことを言うと多くの靴がそれぞれのルーツを持つのでそれらもそうなのか?と聞かれかねないが、僕はこの靴に関してはそう思う。

なにせ検索しても「この靴を街履きにしてます!」なんていう人は殆どいないし、むしろマウンテンブーツに関する話が多いからだ。山との関わりのほうが明らかに強い。

とはいうもののチロリアンシューズの筆頭のアレとか、同じ国の値段が抑えめのアレとか、そういうのを見てみたり、あるいは「チロリアンシューズは欲しいが代名詞的なものは避けたい」と考えると日本製のチロリアンシューズにサーチライトが当たる日はいずれくる。ただ、それを記録している人は殆どいない。なんでかはわからないけど。

 

私はこの靴をよく履いている。頻度はわからないけどよく履いていると思う。

靴をたくさん持っていると素直に「履きたい」と思ったりもするが、たまに「履かなくちゃな」という義務感みたいなものが生まれることもある。作っている人への申し訳無さ?期待に答えて愛用し続けたいという思い?どんな気持ちだろうか。

丈夫で、足が楽だ。ホールド感もいい。傷がついても様になる、堅牢なデザイン。

不安定な道を長く歩くことを前提としているからか、地面に対してカカトがピタッとつかない(手作りが故の個体差かもしれないが、そうだとしてもケチを付けるのは野暮というものだろう)。

 

f:id:nero_smith:20180524213736j:plain

 

この辺はドレスのそれとは全然話が違う。

なので長い間突っ立っていると足の踵が痛くなる。私はそれが気になったので修理屋でお願いして削ってもらって地面にカカトがピタッとつくようにしたが、それで具合はさらに良くなった。

 

f:id:nero_smith:20180524213711j:plain

 

革は色々と話をしていくうちに出してくれたいつのだかわからないイギリスの革。もうほとんどないし、そんな簡単に「イギリスの革を出してくれ」なんていって出てくるのかはわからないからあんまり参考にはならないだろうけど、艶もあってキメも細かいのがシワの入り方からも伺える。ワーク/カントリー系の靴でドレッシーにまとめずともここまで良い革を使うことがあるだろうか?それか、昔はこれが普通の革だったのか。

 

f:id:nero_smith:20180524213645j:plain

 

適当に、ガシッと履くのに良い靴。

ハレとケだとかリラックスだとかコンフォートだとかイージーだとか言ってるけど、全部それで良いのかっていうとそういうことじゃなくて、っていう塩梅を自分のどこに宿すのか、それを基に何を探すのか?って。

楽に履きつつ、それでも様に。そんな靴だ。