Re:11colors

毎週木曜日更新です。

lacquer&Cのアトリエジャケット

名前にクラッとやられてしまう。なんてことはよくあると思う。

今回は「アトリエジャケット」という名前。名前というか接客中に

 

「アトリエジャケットなので、袖をまくっていただいても良いですよ」

 

ということで、形や仕様的にそう分類されているということになるのだろう。

 

f:id:nero_smith:20180719224744j:plain

 

話を少し過去に戻すが、10年位前に、代官山のジャンヌバレという古着屋さんでアトリエコートという存在を知ったのが最初。よくあるシャンブレー生地のタラっとしたアレだ。それのジャケットに該当するものになるので、ああ、ああいうアレねうんうん。良いねアレ。そうそうアレだよねーアレ。便利なアレ。などと頭の中で当時、必死になってそういった服について調べたりしたことを思い出したりして、そのまま購入。

 

f:id:nero_smith:20180719224754j:plain

 

かっこよさはどこにあるんだろう。

着ているとまぁ、まとまりが良い。これは多分諸々の作りのせいでしょう。

スリットの入り方も真横と珍しい。この辺も、アトリエジャケット特有なのかは知らない。

 

f:id:nero_smith:20180719224818j:plain

 

生地もシャンブレーで肌触りも良いので好き。

 

f:id:nero_smith:20180719224808j:plain

 

あとはあんまり見たこと無いボタンの縫い付け方に「おお?」と思ったくらいでしょうか。

 

制作作業に実用的そうな服や靴でまとめてとりあえず、適当に着ましょう。

パターンオーダーのコンビのトリッカーズとかね。丈夫なものを履くには履くけどそこにも細かいみたいな感じがこう。ね。