Re:11colors

毎週木曜日更新です。

スケールアヴィエーションと俺と靴

私は元々の仕事のせいもあって「良いレイアウトの誌面」というものを見つけると少し感動してしまう。何をもって「良い」とするのかを説明するのは難しいが、一時期、好きなジャンルの雑誌があまり良くないレイアウトになってしまいそれが非常に残念だった。

私にとって「悪いレイアウト」とは私から見ても工夫の余地があって、「悪くないレイアウト」とは普通に読める、文字や写真などが頭に引っかかる前に「レイアウトがっ!」と引っかからないもの。

そして、良いものは「おーこれは綺麗だ」と思い、スラスラと読み、そして何がそうなっているのか、自分の制作物に活かせないか?と考えたくなるものだ。

 

Scale Aviation 2018年 09 月号 [雑誌]

Scale Aviation 2018年 09 月号 [雑誌]

 

 

表題のScale Aviationはそれに当たる。ページをパラパラと捲っていると「おっ?」「おっ!」と手が止まる。これは山と渓谷を読んでいるときと非常に近い状態だった。雑誌の対象物と編集、どちらにも精通した誰かがいるのか、すくなくとも作っている側が対象に詳しかったり好きなのだろう。

 

そんなレイアウトにガツンとやられて、そのまま飛行機のプラモデルが欲しくなる。という流れは体験として非常に幸せだ。誌面に魅力的に配置された写真に目を留めて、文章を読ませ、ネットで何が必要なのかと情報集め……と私の世界は広がっていく。こんな体験は最近していない。

 

もともと色々なことに興味を持っては面倒くさいからとやらなかったりする人間で(そのせいで山と渓谷に関心を持っても山へは登らない)、プラモデルはそういう意味だと「ガンプラはよく作ったけど、接着剤とか難しそう」というタイプ。とはいうもののからぱたさんの超音速備忘録は定期的にチェックしていたりして興味はあった。

 

wivern.exblog.jp

 

 

なので、スケールアヴィエーションにはガッツリ背中を押されてしまった感じ。からぱたさんもブログで「作りたいように作って楽しめば良いんです」みたいな話をしてたし、色とか塗らなくてもいっかーと軽い気持ちで買って、作る。

 

f:id:nero_smith:20180830212234j:plain

 

クリップとか爪楊枝とか、使うんですね。接着剤も初めて買った。

 

f:id:nero_smith:20180830212337j:plain

 

栄えある一機目はタミヤウォーバードシリーズのコルセアでしたがクリアパーツを白濁させるという痛恨のミスと何年も前のトップコートを使いつや消し仕上げを失敗するというなんだかもうグダグダな仕上がり。

 

悔しくて写真のスピットファイアをすぐに買って作りました。

手はすぐに感覚を思い出すものですね。もう8年位プラモデルを作っていませんでしたが、二作目のが作るスピードとか説明書の読解力が上がっていて驚く。

 

f:id:nero_smith:20180830212621j:plain

 

手に持ってみるとこんなに小さい。こんなに小さいものを自分は作ったのか、と驚く。「説明書通りに切って貼ればできあがります」とAmazonレビューに書かれていたけど本当にその通り。

 

f:id:nero_smith:20180830212946j:plain

 

色は、どうすっかなー。次は色の塗りやすい飛行機を。とか、色数絞って仕上げても良いのかなとか。なんの顔も描かれていない真っ黒や真っ白の赤べことかって、オリジナルと違う研ぎ澄まされたなにかがあるじゃないですか。そうやってどんどん数を重ねて色を増やすとか?どうでしょうね。次にいきなり行く?わからない。

 

それと私は靴好きなのでこういう飛行機を作っていると飛行機に由来した靴を急に履きたくなる。車を運転するときに車両感覚とか身体地図とかって車と身体の感覚が繋がる現象があるようだけど、これを作っているあいだに飛行機と私が繋がり、パイロットの気分が自分の体に逆流してきたようだ。

 

f:id:nero_smith:20180830215256j:plain

 

ダブルモンクストラップはあの〇〇がどーのこーの、というエピソードに光が当たることがほとんどだけどその一文の最後に記されている「飛行機乗りの靴をヒントにした」というフレーバーこそがこの靴を楽しませてくれる要素だと私は思う。

「何にでも合う」と汎用性の広さを語られる靴ではあるが、抑えるべき点は実は極めて明確だ。イタリア製、マッケイ製法、つま先はプレーンなものとゴツさよりもデザインをそのままエレガントさにつなげたものなので、ガチガチにまとめずとも、雰囲気だけ味わうのも良い靴。

 

 

 

これでいて、さらに知人がよく進めてくれていたブランドのフライトスーツも欲しくなるのだから頭が痛い話だ。