Re:11colors

毎週水曜更新(2021年9月現在)。革靴、模型、日常。

群衆からひと摑み。モーブズを塗る。

f:id:nero_smith:20210812212548j:plain

 

連休中にモーブズを塗っていたのだけど割と気分が良く、仕上がりも満足。

部屋に置いていても程よく馴染むのは、名前の由来である「モブ(群衆)」を切り取ったキャラクターの雰囲気だからだろうか。デザインは落ち着いていてプレーン。

 

性別の設定があるけど、それが強調されるデザインでもないので買う人が「女の子を塗りたい」とかそういう気持ちで選びやすいと思う。ラインナップではダウンくんだけ男性で、あとは女性。微妙に異なる雰囲気をニュアンスで表現しているわけだが、服装やポーズで属性が与えられているのが心地いい。

身長とか体型ではなく、あくまでも雰囲気重視というか。

 

f:id:nero_smith:20210812212615j:plain

 

その分、想像の余地が残されているデザインだと思っていて、購入した「ゆるふわまとめ髪さん」は私の中では高身長でほっそりしたタイプ。靴はスニーカーじゃなくて革靴だし、服の色は落ち着いたものが多め。こだわりは鞄と靴の色を揃えることで、服よりも靴と鞄の方が数が多い。手元に届いたその日とか、塗料を選んでいるときだとかそういう瞬間になんとなく物語が紡がれて色になって表現として完成する。

 

部屋に置いていて思うのはクセがないなーという感想。

女の子を置いているという、ある種のヤバさみたいなのがほとんどない。マガジンハウス系のリラックスした感じでさりげない。「自分で作ったんだー」が、かなりすんなり受け入れられる感じ(でもその中には俺の好みがめちゃくちゃ入っているのだけど)だと思う。

 

f:id:nero_smith:20210812212601j:plain

 

ゆるいデザインであるがゆえに作り手の好みを裏側にたっぷり濃厚に隠せる面白さがあると思う。私は割と「こういうお姉さんいたら良いのにな」と思って作りましたがそれは黙っていればわからない。「群衆の中の素敵な誰か」を漠然と捉えてそれを表現に着地させるという遊びは特定の誰かや、名前を持ったキャラクターの何かを所有し愛でるよりも、じんわりと好みが形になるので、より固有の愛らしさが出るような気がしました。

 

同じゆるふわまとめ髪さんを買ったプラモ仲間の彼は私と違う女の子を作ったことでしょう。

 

今週の物販

 

mo-bs.booth.pm