Re:11colors

毎週水曜更新(2021年9月現在)。革靴、模型、日常。

塗装日記3/12 中間色とドラマチックな影 ICM1/35 モロッコ グミエライフルズ

f:id:nero_smith:20220313175139j:plain

 

ICMの1/35 モロッコグミエライフルズを塗装しました。このキットの特徴は、服装に尽きると思う。どこかのブランドがそのままそっくり復刻させそうな、フードのついた緩めのコートが面白く、これだけで既に買う価値がある。加えてターバンのようなものを頭にかぶっていたりと、今までドイツだアメリカだと戦争の主要国の兵士を作っていた私としては非常に新鮮な見た目だ。

 

f:id:nero_smith:20220313174434j:plain

 

塗装方法はガツンと影が入るような仕上がりを目指して、水色の少し明度を落としたような色を塗る。影色の選択は全体の仕上がりに影響を及ぼす大きなポイントだが「影」だからといって暗い色にしすぎるとどんよりしがち。メインとなる色に近い色を影色にすると綺麗にまとまるように思えるが、私はそのときの気分で決めてしまう。というのも、まだまだ塗装経験が浅いため、仕上がりの幅を知りたいからだ。

 

f:id:nero_smith:20220313174425j:plain

 

今回、難しく感じたのは全体を割と甘い色でまとめようとしたところで、彩度も明度もあまり高くないカラーパレットをうろちょろする形で色を選ぶのが大変だった。こういう配色にすると、互いの色の差が少ないので全体にメリハリが生まれにくく、ぼんやりとした仕上がりになってしまう。

 

しかし、このモロッコグミエライフルズに関していえば、服装が緩いラインを描いているのでメリハリのきいた配色でパキッとさせてしまうと、造形の良さがなくなりそうだった。なので、いわばグレイッシュな色味ともいえる色たちで全体をまとめていく意味があるように感じたし、その助けとして、影色として設定した青色が功を奏したと思う。

 

f:id:nero_smith:20220313174417j:plain

 

出来上がりは、今まで作ったフィギュアの中でも屈指の甘い仕上がりになった。その分、影の青色がドラマチックに作用しているように思う。4人をそれぞれ眺めていると服装が微妙に異なっていて、かなり緩い雰囲気を出している。なので、先ほど書いた通りで、あまり色の差が出過ぎないまとめ方は全体に統一感が出て良かった。

 

また、ICMのフィギュア独特のカチッとしていながらも丸みのある造形と、グミエライフルズの服装や装備の「かけ合わさった良さ」と悪くないマッチングなのではないか。今回はかなり思い切って「ここは影!」という風に決めた部分は青色を意識的に残した。もし、影色を茶色にしていたら、もっとリアルにまとまっていたと思う。

 

f:id:nero_smith:20220313174408j:plain

 

ただ、そうすると今度は使う色がまとまりすぎてしまって、地味になりそうな気がする。私は割と、派手な配色が好きなので、今のはこういう風にメインカラーとかけ離れた色での仕上がりを見るというのが楽しい。

 

今週の物販