Re:11colors

毎週木曜日更新です。

J.M.WESTON 180、半年

半年前にオーダーしたJ.M.WESTON180だが、今の気持ちはどうだろうか。

 

f:id:nero_smith:20171019224739j:plain

 

絶妙な中間色の発色が美しい、砂漠の様なスエードのローファー。

J.M.WESTONは革の種類も多いので色々と悩むところだが一目惚れしたのはこの点だ。スエードのカラーバリエーションが多く、なおかつそれぞれ微妙にニュアンスがあって良い。これをどう活かすか、どの色を選ぶかで「砂漠感」を重視したわけだが結果的にどのシーズンでもこういった淡い色を入れたい日が出てくるので年中出番があるという状態になった。この辺の微妙な心の色模様を満たしてくれるようなものが靴にあるのは嬉しい。

 

f:id:nero_smith:20171019224814j:plain

 

最初は部屋で試履きしようものなら15分くらいで音を上げ、数日間ならした後、強引に一日履こうとしたら夕方には頭に痛みが走るように。「とても痛い」

ただこれは本当に不思議だなと思うがどういうわけか馴染んでくる。痛みはなくなり、むしろ足が収まっている様子が独特で心地よい。ただ、カカトは抜ける。抜けると言っても無理に抜けるようなダラダラとした歩き方をすればという形で。

合う合わないもあるので一概には言えないが、楽に履けるってことは脱げやすいということでもあるだろう。これ以上、足長を縮めたら指は詰まりすぎるし足幅を狭めたら明らかに閉まっている。この辺は相性の問題もあるし難しいところだろう。

向こうだって「履くならこのサイズ」という感じもあるだろうし。

 

f:id:nero_smith:20171019224837j:plain

 

あと、このローファーに関してははっきり言ってオーダーがよく映える靴だと思う。

甲の色を変えるなり、サドルの色を変えるなりのお決まりの方法を使って好きな色を2つ組み合わせるのも良いし、あるいは同じ色でも素材を変えてよりその色の魅力を引き出すのも良いことだろう。ステッチの微妙なスパイスを味わうのも良い。オレンジっぽい茶色と荒々しさのある麻紐のようなグレージュも私は気に入っている。

三色を上手くまとめられればより自分らしいものができるだろうが、あまりに尖りすぎると服を選ぶから出番が減ってしまいそうだ。

 

14万円と、頑張ってお金を稼ぐのはもちろんだが、そこからさらに頑張って「オーダーするぞ」と足を踏み出さなければ行けないので「気軽にオーダーしてみては」なんてことは言えないが、もう一足あっても良いのかななんて思う魅力はとてもある。鞄や時計、何気なく選ぶシャツなどの服の色やトーン。自分を見つめてお気に入りの一足を作るのは楽しいだろう。

 

私はこのローファーを自分の手持ちの靴の空いていた枠が収まるような感じがあってとても気に入っている。どの気分でもないときに履くとそこに漂う中間色を中間色とはっきり認識させる様子を見ていると「ああ、これこれ」と思う。

絵はどうしたらうまくなるのか

これはもう統一された答えのないものなのだと思う。

 

ただ「こうしたら、上手くなりました」という話がネット上を漂うし、あとは"かんたんにかけるコツ"みたいなのを取り入れてみて一瞬上手くなった気がする、たったそれだけというか。そんなことないんだけど。

その手の情報を見るだけだと上手くならなくて、実際にその通りに実行してみることとかが透明で高い壁のようにあるというか。その辺がまぁ、面倒なところだと思う。

やる気とか疲れとかそういうので壁ができるというか。

 

f:id:nero_smith:20171012214115j:plain

 

昨夜に「あ、明日絵を描かないとな」と思ってとりあえず練習だけでもしておこうと一枚描いたんだけど20分位で描けてて、これは本当に驚いた。課題としていたスピードが突然解決された。

それでも後ろに付箋で「下方は太くしてどっしりさせる」とかなんか馬鹿みたいなこと描いてて笑えるでしょう。ちなみにそれ以外には「前に出ることろは太く」「重なるところは破線」「交差するところは太く」と書いたものが貼ってある。

馬鹿馬鹿しい。いちいちレベルが低い。

でも、本当にレベルが低いのかな。私はこうして絵を描いてるときに面白いなと思うのはこうして自分がわかるようにいちいち付箋を貼ったり「俺は基礎練習がバッチリ出来ている」と自信を持たせるためにやったものを壁に貼ったりしていることだ。これは本当に面白い。

 

f:id:nero_smith:20170914223837j:plain

 

基礎練習は、正確な表現かは分からないが誰がやってもできるものだと思う。線を引いたり丸を描いたり。やるかやらないかは別として。そんな誰でもできるものを貼ってるのが面白いなと思う。

普通は、と言っても絵を描く人のデスク周りを見たことがないからわからないけど描く対象の資料とか、キレイな絵とかそういうのが並ぶと思うから。

誰でもできるものをやったこととか、わかったつもりでいざ制作に入ると忘れそうなものを貼ってる。「そんなにダメなのか自分は?」と思っちゃう。

でも、おそらく自分にはそういう「誰でもできるからやってもやらなくても同じ」とか「わかったつもり」なものを貼っておくのが良いのだ。

 

わからないものは勉強するしかない、あるいは誰かに教えてもらうか。

私はたまたま合う絵の本を見つけたし、本だって一度にマスターしようとしないでRPGで何度もダンジョンに潜って最終的にボスを倒すみたいな感覚を身につけられたのが良かった。心と身体が一致しないと良いパフォーマンスが生まれないことはメンタルトレーニングの本で事前に学んでたしって書けば書くほどやってきたことがチープになってる気がして笑える。

ただ上手くなったなと思うたびに「やったぜ」って思うし自分は天才だとかもともと才能があったんだとかそうやって調子乗って、気分の良いまま寝て、明日以降の自分に頑張ってもらうしかないし、それがまた練習とか勉強とかしながら何ヶ月か経つと「これで上手いとか言ってた俺なんなの。やっぱり才能ないっていうかまず、自分に甘いわ」ってなるし、その上手い下手が変わってく感じは「ああ、やってりゃうまくなるんだな」ってなんか見通しが立ってくるので、まぁこういうことが自信を深めることに繋がるんだろうなと思う。

 

RENDO GB001を履いている

届いてから二ヶ月ほど経った。二ヶ月か。

もう半年ぐらい履いている気がするが、そうでもないらしい。

忙しいからか、今年は年間の動きみたいなのと自分がズレていてなかなか曜日感覚や月の感覚がつかめない。

 

f:id:nero_smith:20171005221312j:plain

 

そんな中、疲労にまみれながら履くには安全な靴だ。

 

f:id:nero_smith:20171005221543j:plain



Uチップはこの歪みが良いよな……といつも思っている。

 

f:id:nero_smith:20171005221627j:plain

 

写真だとあまりわからないけど革のコントラストがはっきりしてきた。凹凸のあるコンチェリアオットチェント社のベルーガはどんどん明るくなってきていて、そのへんの色の差がはっきりしてきた。エイジングというよりは、靴になった段階でおそらくご下茶のクリームが塗られていたのかと。それが取れてきて革の色が出てきている。

 

履いているともっと革らしさが出てくるような気が。

 

革らしさってなんだろうな。

この靴は土っぽさが出るような感じを目指して作ったのでベルーガはその点は特に不満はない。ストームウェルトにダブルソールも羽根の部分に使っているのペリンガー社の革はクシクシャっと細かなシワが入ってきていてそれが良いかな。その繊細さはあくまでもベルーガの引き立て役。

 

履き方って意味だとコンビシューズにしたことで100%素朴、という形に仕上がらなかったのが良かったですね。素朴ではないから品がある、という捉え方もできる。

あと、ストームウェルトにダブルソールでボリュームを持たせたけど、嬉しい誤算でコバの仕上げが革の生地感が見えるようなきれいな仕上がり。

つい先日まで暖かかったけど、よくグラミチのコーデュロイクロップドパンツに長袖シャツ。そしてこれ。という感じで合わせてました。

 

オーダーの代金がいくらだったかな。65,000円くらいだった気がする。

価格的にもバカ高いわけでもないのでお薦めですね。

同じ形で白✕黒とかね、合ってもいいかななんて思います。

 

年中革靴ですが、休みの日に気軽に扱える靴、そしてそれによってかっこよくなる靴。

 

という感じ。

 

www.rendo-shoes.jp

 

今月末、オーダー会やるそうです。

写真のチャッカブーツかっこいいんだよなぁ。

チャッカブーツはここともう一つで悩み中。

 

 

 

既製でいいならもっと安いです、が、まぁオーダーをするのが吉ですね。

 

www.instagram.com

 

前も書いたけど、オーダーはこれが秀逸ですね。

 

他の記事

 

re-11colors.hatenablog.com

買ってすぐの記事です。

 

re-11colors.hatenablog.com

二週間ほど履いた記事。