Re:11colors

だいたい木曜更新です。革靴、洋服、プラモデルなどものに触れて感じたことを書きます。文学フリマ東京に大体います。 お仕事お問い合わせは 4mens.shoes@gmail.com よろしくおねがいします。

模型

張り線を楽しみたい

エデュアルドのファルツを作ったときに張り線という作業そのものが楽しかったので、それだけを楽しみながら良いものが作れるのかという話をします。 張り線は、模型の作業の中では「組み立て」の延長線上にあると思います。作業内容は切って貼るだけなのでつ…

Get Downを探せ

私は銭湯で週刊少年漫画を読む。 ジャンプはもう読んでないのでサンデーとマガジン、チャンピオンの3誌。 読む順番は面白い順。今は、マガジンを読んで風呂に入ってチャンピオンを読んで、サンデーを読む。一気に全部読むのかよ、と思った方。そうです。今は…

無塗装も楽しいのか

私は割と無塗装で模型を仕上げることが多い。 塗装して仕上げたものなんて作ったキットの数の十分の一にもすぎないと思う。無塗装は、楽しい。模型を作る過程の「切って貼る」これにめちゃくちゃフォーカスできる。なんなら、最初は無塗装で作りまくって模型…

無塗装ファイター

色を塗らないという選択肢が持つ危険な魅力の1つに「解釈の幅が広まる」という要素があります。漫画なんかがそうで、白黒のものを見ていても髪の色が何色だとか、服の色がどうだとかってやっぱりわからない。漫画がアニメになったときに「声のイメージが違う…

タミヤのフランス軽戦車R35の謎を追え

タミヤのミリタリーミニチュアの新作フランス軽戦車 R35。フランス軍の小さい戦車。 発表されてすぐに新橋の直営店に行く機会があり、目にしたがあまりの小ささに驚いたのと、部屋に飾るにも良いサイズだと思い購入を決めた。新しいキットにワクワクするのは…

フランスの酒

フランス軍の兵士セットて、珍しいなと思い買いました。目にするものは大体ドイツかアメリカかイギリスです。 開けてみたらニュートラルグレーの成型色。 フランス軍、何色かなーと思ったらグレーでした。水色とかだったら良いのに。そして、満員電車で押し…

良い色の飛行機を

色を集めるっつー手段がありまして、この辺はあんまり模型誌では語られないような気もしますが、一つ明確な手段で木を一本ズドンと植えるような楽しさがあります。 簡単に言えば日頃、目にする色に関心を持ちましょうって話なんですが、例えば消防車と郵便の…

赤い飛行機、Color variation

赤い飛行機を見ていいなと思った。 これは、作った人の心が伝わったのだろうなって感じがした。飛行機は他の色に塗るのが難しい。整合性がなかなか取れないと思っているのだけど、そんなことはどうでも良くなった。 今まで「好きな色で塗る」ということに関…

兵士を作ろう

作業に対して得られるリターンみたいなのが、模型にもあって、それがあるからキットの好みやどのジャンルのものを作るのが楽しいみたいなのがあるようです。 私の場合、最近本当に思うのは「飛行機は早く形になる上にデカいから楽しい」というもので、反対に…

Eduardの張り線 wnwのある生活-4-

複葉機を作る上で試されるのは、レンジャーの様な心があるかだ。 通常の組み立て作業と比べると少し頭をひねる場面があり、そこは説明書に「頭をひねりましょう」とは書かれていない。 また、一見工具と呼べないようなものが製作に動員され活躍する点もポイ…

カワサキT-4を1dayモデリングした

カワサキT-4という飛行機を1dayモデリング向けに入手して作り上げた。何をどのように作るのか結構悩んだが形になる速さを考えて飛行機にした。大きさは小さい方が良いと思い探していたら、これがそれに該当したというわけ。 1dayモデリングはTwitter上で開催…

wnwのある生活-3-

模型にはドラマがあって複葉機は思った以上にドラマチックだ。 あの古臭い見た目を単にレトロだとか、渋いとか可愛いとかいうのは簡単だし、私もそう思うがどうやらそれだけではないらしい。これは飛行機模型が持っている「なんで飛ぶのかはさっぱりわからん…

いつもと同じでいつもと違う

巧妙にできたある種のプログラムやセミナーは使うものはそこまで変わらないのに今までのそれとまるっきり違う内容であることがあります。それはまるで料理に近く、同じ食材なのに肉じゃががカレーになったり豚汁になったりすることに極めて似ています。 私は…

心と模型

9月に転職してから狂ったように模型を作っているし、ミニカーを買ったりしている。 自分では仕事の反動だよなと思っていたりして、だから「模型は手順が何もかも優れているし、見どころを見せる構造にもなっていて素晴らしい」と散々思っていた。「それに比…

wnwのある生活-2-

模型は、続けているとある日突然上手くなると思っていて、それが市松模様のスピットファイアを作ったとき。今までは、どうなるかわからないところは失敗することがほとんどだったが、今回は反対でうまくいった。曲面の市松をどう塗るものかと思ったがすんな…

ロングトレイル、ハセガワジムニー

突然ですが、プラモデルは食べ物です。口が食べるのではなくて、脳が食べます。 そのせいか、組み味という言葉があります。味には食べ物と同様にいろいろな種類があってメーカーやジャンル、スケールごとに異なります。 その点ではハセガワの近年のカーモデ…

wnwのある生活

Wingnut Wingsが部屋にある。 箱を開ける。やっぱりWingnut Wingsが部屋にあるようだ。ソッピースキャメルという名前の複葉機らしいがそれよりもWingnut Wingsが部屋にあるという認識の方が強い。噂の通りに説明書はフルカラー。少しトリッキーな箇所や英語…

模型で映像研の設定に触る

NHKのアニメ、映像研には手を出すな!が面白い。 面白すぎて原作も全て買った(今日には新刊が発売される)。 面白さの理由は色々あるが作者の大童澄瞳氏の設定の中で設定が好きな浅草みどりが描く絵が面白いように思う。これはこうなって、こう動く。あれは…

光を覆う- TAMIYA 1/35 フンクワーゲン-

好きな形のものを一通り作って、それで「じゃ、次どれを作ろうか」と思って目に入るのはこういう不思議な形の模型。 kfz.223(フンクワーゲン)は、偵察車両の一つ。この手のものはどうしてこんなに不思議な形をしているのかがずっと気になっているのと、そ…

自信の塊 TAMIYA(Italeri)1/72 グリペン

タミヤの1/72(中身はイタレリ)のグリペンの模型を作った。 スウェーデン機は軍服がそうであるように独特なものが多く見受けられ、グリペンはその中の一つ。グリフォンを意味するその単語のとおりに片側二枚の翼がキレのある造形を生み出している。 大きさ…

力強さが引き立つ LRDG コマンドカー

「こんなデッカいトラックを人が動かしているのか」 帰り道の狭い癖にトラックがバンバン走る道路で急にそんなことを思った。その後部屋にあるLRDGコマンドカーのことを考えたらやはり似たような気持ちになった。 昔はデザートシボレーと呼ばれていたキット…

ハセガワの1/72のジェット機たち

航空機模型の良いところは、本物を見に行かないとなかなかお目にかかれないところで、見に行ったら行ったできっと感動はひとしおだろうし、見ないなら見ないなりに想像を働かせたり、何がわからないかわからないままに作れるところだと思います。 急に富豪に…

手軽な軍用車両 タミヤ アメリカ M151A1 “ベトナム戦争”

気になっている模型って作るしかない。 それで、好きになったりやっぱり違うなって思ったりするのが楽しい。 模型はそういう手軽なつながりを持てる趣味だ。 「気になっても買えない」ってのはよっぽどのことがないと、無い。 その中でもタミヤのミリタリー…

1974年の風 タミヤ 1/35 SASジープ

SASジープを作った。 このキットは名作に間違いないのだけども名作たる所以を書いてる記事をあまり見ないので少しさみしい。 文学かと思わず言ってしまいそうな解説にはそもそもの車の役割から細かな道具がどういう役割を果たしているかをわかりやすく、そし…

夜戦炊事の冬 1/35

このキットを作るなら冬だ。週末が良い。そして夜だともっと良い。そして次の日の朝、自然光の入る部屋で写真を撮影するとそれだけでなんだか温かい気持ちになる。 このブログにやられてすぐに野戦炊事セットを買った。 sidelovenext.blog64.fc2.com このキ…

A ME RI KA ハセガワ ブルーエンジェルス F/A-18A ホーネット

飛行機って結構楽しいジャンルの模型で特にジェット機なんかは非常にカッコいいものを作っているなという感覚を確かに得られるので好きなんですけども、グレーとか銀とかで兵器的な面をしたものが多くて、少し冷たい。 じゃあ、車のラリーカーのロジックを利…

続 タミヤのミリタリーミニチュアの完璧な段取りで踊ろう

1/35のティリーはシャーシと、ボディとタイヤがそれぞれ区分けがしっかりなされてるという話を聞いたが、実際に組んでみるとそうでした。 これは塗装するのに優しい作り方で、各セクションごとに組んでから進められるので素晴らしい。タミヤは(他のメーカー…

何のための模型

「なんか転換期来てるのでは」と思うようなことがあった。ドイツ軍の野戦炊事セットの話。マジでこの記事には頭をガツンとやられて、オンリーワン戦略に近いものを取り続ける自分としては少し悔しかった(そしてニコニコしながら野戦炊事セットを買った)。 …

野戦伝令の情景は

こんな小さなバイクですら「バイク作ってるな」と思う。 今年の夏ころに自転車を作ったが、その違いは明確だ。エンジンがあるかないか。 この差は作っているときのエモーショナルな部分に随分と作用するようだ。 作っているときはもう10年以上前にBSで見たモ…

夕焼けと蜃気楼

キャノピーを塗るのが好きだ。 本当はダメなこと。する意味なんて何もない。ただ、そのいたずらは容易い上に、仕上がりは魅力的だ。子供の頃、いろんな色のクリアカラーのBB弾を拾って集めたから?理由なんていくらでもあげて、記憶を刺激して納得させてやれ…