Re:11colors

毎週木曜日更新(2023年5月現在)。模型、日常。面白いことあれば他の日も

思ったことについて

野球観戦における帽子はディズニーランドの耳である。没入感という価値について。

友達と横浜スタジアムに野球を見に行った。彼女は横浜スタジアムのマスコットであるバートに関心があるので「キャラグリに行こう」と私を誘う。私は野球をなんだかんだでずるずると25年くらい見ている。どういうわけか人に誘われて数年に一度は球場に足を運…

時計を売るときに思ったこと

時計が増えすぎたのでいくつかの時計を売ることにした。 あんまり気にしていなかったけど、平日はビジネスカジュアルなスタイルで働いているので自然とドレスウォッチかそれに準ずるものを装着することが多い。 そうなるとびっくりするくらいカジュアルウォ…

NIKKE Exhibitionへ行ってきたよ。パネルってすごいわ。

そんなにどハマりするソシャゲがあったか?というくらいに勝利の女神 NIKKEを楽しんでいる。このゲームのキャラクターの魅力は好感度というステータス補正に関わる数値を上げるための、面談の難易度というか噛み合わなさだと思っている部分もあるが、BGMのテ…

プラモも運動も。領域内を行ったり来たりが継続のコツかもしれない。

運動をしようと思い、昨年の春ごろにフィットボクシング2を買った。最初は毎日、夏は一日二回。秋から冬の繁忙期にかけてはぽつぽつと間が空いてやらなくなった。非常によくできたゲームで、運動のプログラムも飽きさせない工夫を感じさせるものだったので面…

理髪店を変えて4回目。その人の切り方をようやく味わえた日。

年始に「髪を短くして欲しい」と話したら、思いっきりタッチを入れるようなカットをされて「ああ、これがこの人の切り方なんだな」と理解した。自身のスタイルを存分に活かして切ってくれた髪型は私の行動範囲のいたるところで評判が良かった。私としても今…

素敵な車のプラモの話

ビートルのプラモデルを作ることはないだろうと思っていた。これは個人的な理由でそうだと決めていたからだ。とにかく人生経験の中でロクな思い出がない車で、例えば行きたくない病院に向かう途中にある飲食店に必ず止まっていたことは象徴的な出来事だ。 た…

自分の好きを考えて、Skebでアイコンを描いてもらった話。

リクエストは制約だ。「自由に描いてください」だと欲しいものは得られない。ただ、あれもこれもとお願いしすぎるとがんじがらめになる。短歌や俳句が文字数の制限によって趣や遊びを持った多彩な表現を得たような、良い制限のバランスを探るところにリクエ…

午後割のワンフェスをシャッタースピード優先で収める

雰囲気良く撮れるし、白黒でも良かったと思いながら撮影をし続けた。 シャッタースピード優先で街を撮る、みたいな記事をどこかで見たことがあって、今回のワンフェスはそれを試して見ることにした。家でストロボを焚いてプラモデルを撮影するときと、同じ速…

今週思ったこと

いやー、最近ずっと悩んでいたものを買いました。イヤホンですイヤホン。何に悩んでたかって言うと有線のものにしたくて。で、ambieって耳を挟み込むようにして使うカフ型のイヤホンを買うかどうか考えてたんですよ。 それで、一度お店に行ったんですけど、…

俺は、一生ものの遊びを手に入れたかもしれないという話

「ミニチュアは手放さない方がいいですよ」 これは、私がウォーハンマーというミニチュアゲームを始めたときに常連のお客さんと話をしたときに、なぜか言われた一言だ。どういう流れでそうなったのかはわからないが、とてもよく覚えている。 ウォーハンマー…

2023年振返り

今年のテーマは自分で決めていくみたいなことだった。 今年の上半期に仲の良い先輩が異動になり、その際に「決断と行動でしか人生は変えられない」と言ってて、その通りだなと思った。というわけで、以下新しくやったことを少しだけ書いて今年の振り返りにし…

わからない期間は、長い目で見ると希少なので大事に取り扱っているという話

英語で書かれたハードカバーの本にシュリンクがかかっている。「良ければ内容に関して解説しましょうか?」といつも仲良くしてくれる人が、気さくに声をかけてくれる。それでも、反射的に「すみません、家でじっくり読んでみたいです」と言ってしまった。申…

Necromundaのギャング達は、時計のように数で部屋を占領してくる。

G-SHOCK、TIMEX、Q&Q、GRAND SEIKO、DAMASKO、アンティーク。時計が本棚の一角や飾り棚などに無造作に置いてある。数が増えたなぁと思いつつも、新しい時計の情報をシャットダウンすることはできないし「これで終わり!」なんていうことも難しいだろう。 男…

necromundaデビューを果たした日

ネクロムンダというミニチュアゲームにおいて自分の操るギャングを理解するというのは個人的な領域であって、その理解の形は様々だし、深さも異なる。一回のゲームを通じて、何かを学ぶこと、理解することの面白さの本質に触れるような体験をした。 ネクロム…

ポケプラは聖なるプラモかもしれないという話

そもそもターゲット層が既存のプラモデルの中ではかなり若く設定されているのがポケモンのプラモデルだと思っていて、そのせいか、いわゆるモデラ―の興味の範囲外なのかなと思ったりもする。 ポケプラってマジで面白くて「似てない」みたいな話ほとんど出な…

今まで会った人を思い出すのが日常劇の面白さかも ♯QのセルフカバーVol.1を見てきた

頑固かつ急に拗ねるムーブにかつて付き合っていた人のことを思い出し、マスクの下で顔を引きつらせた。♯Qという演劇をやるチームの「セルフカバーVol.1」という芝居を見ていたら急に俺に流れた知らない感情を注入される不思議な時間。 芝居を見るといっても…

necromundaのオーロック家は「大人しいのが良い」と思ったくせに、最後は無難な頭をもぎ取ってしまった

特定の分野とうまく付き合えるかどうかってやってみないとわからないことが多い。とはいうものの「本質!」みたいなものをいきなり摂取するとあまりの濃さに胃もたれすることもある。 ウォーハンマーのプラモデルって自分にとってはまさにそれで、あのガチガ…

誕生日

なんと今日は誕生日だ。 誕生日が人生最悪の日になるというめちゃくちゃなマイナス修正を数年前に食らってしまったので誕生日になるとそのことを思い出す。ここ数日なんてロクに眠れないし。ただ、そうなってしまって以降という形での人生を振り返ることがで…

2023年9月14日の日記

前日に起こったことが、今日に影響があるという1日だった。 提示された納期では絶対間に合わない仕事が一個ある。判断材料のために、工数を関係者と相談したところざっと5週間はかかる計算だったので、本来提示されている納期には到底間に合わないことを昨日…

ふんわりと私を愛でてくれ -わたしがブログを書く理由-

はてなブログには10年くらいお世話になっているが、いくつかの記事を非公開にしている。私のブログは週に1回のペースで更新をしているので、パソコンからアクセスしてみてカレンダーで歯抜けになっているところがあれば、そこはかつて記事があったところだ。…

真夏の横浜スタジアムへ行ってきた

いや、なんていうか横浜スタジアムの前の方の内野席って勾配が緩いのと席同士の感覚が近い。内野指定席S+はそんな感じ。 これは、スタジアムの収容人数を増やすとか、後ろの人も試合の様子がある程度見えるようにする工夫だと思う。S+の良いところは選手が…

手紙を書く葛藤について。「赤を張って、ブルー」を観に行った。

「ウケるのは大事だよな!」 これは「赤を張って、ブルー」という4つの短編からなる演劇の最終話「青」で出てくるセリフだ。といっても台本がないので、正確な表記ではないと思う。登場人物の一人である栗山 小鳥さんがこの一言を放っていた。 何においてウ…

夏の日陰の涼しさが、テーブルクロスの気分を作る

飯を食った後にスーパーマーケットで食材を買おうとするとどうにも食指が伸びず、なんだかよくわからないものを買ってしまう。「〇〇が気分」というフレーズがあるが、腹が満たされた状態は「食材を買う気分」ではないのだろう。 今年はとにかく暑い。なので…

まとまった休みに無理矢理本を読む。パワー読書について

具合を悪くしながら本を読むというのが読書体験としてどうなのかはさておき、まとまった休みの期間に「パワー読書」を私は行う。 パワー読書とは読むのに時間がかかりそうな本を、無理矢理読み切ってしまうという行為だ。無理矢理というのは「気合で」という…

俺は今楽しい塗り方でモーブズを塗る

モーブズって湯口が2ミリくらい残るようにニッパーでバチンと切った後に#120くらいのスポンジヤスリでザクザク形を整えて、#240、#400って番手を細かくして表面をきれいにする。そんな最初の工程が結構楽しい。 で、真っ白な状態だとあまり気づかないのが荒…

今週は暑さのためお休みです

暑いね。 最近はこんな写真ですら、自分の思うような順番で出せることにブログを構える良さを感じています。雑多でも良いし。 それではまた来週。

どこでチケットが貰えるかよく分からずに、都市対抗野球を見に行った話

まず「チケットをどこでもらうかわからない」これはほぼ無いといっていいと思う。 都市対抗野球の会場になる東京ドームの正面、22番ゲートのそばに結構デカ目なブースがあるからだ。ちなみに私は行くまでめっちゃ不安でした。 私が見に行った準々決勝の1試合…

元気な夏

めちゃくちゃ暑いな……。と思いながら夏を過ごしている。ただ、今年は数年ぶりの元気ということで、もれなく元気な俺に会える特典付きと言いたいところだけど、そもそも社交性があるタイプではないので、早いうちに会うと良いと思う。仕事中だって、電池が切…

勉強のご褒美は、 一生手に入らないと思ってたもの

店員時代に経験したことって人生においてかなり衝撃だったので、今の会社でもその話をすることが多い。接客業の面白いところは誰でもできるところだ。正確に言うと、誰でも出来るように見えるところだ。そして、そこに勉強の余地がかなりある。なので、話し…

芝居の分からない俺と荒野に立つ男性。ココノイエノシュジンハビョウキデスを見た

「以上で終了です。アンケートなどはありませんが、SNSなどで感想を書いていただければ」屋代さんがそう言って、日本のラジオが演じる「ココノイエノシュジンハビョウキデス」は終わった。屋代さんは、演劇の概要に「作・演出 屋代秀樹」と書かれている男性…