Re:11colors

だいたい木曜更新です。革靴、模型、日常。

木製キューブが生む、構造の世界へ

積み木の持つ無限の可能性に触れた。 まず、積み木は作るのが簡単だ。角材をホームセンターや100円ショップで買う。 ついでに刷毛とニスを買う。紙やすりを持っていないならそれも買う。均して、塗って、乾かす。それだけ。 それを適当に置いてみる。どうや…

ウッドキューブ、春

昨日、椅子の上にクッションを置いて座ってたのが悪かったのか尾てい骨がとても痛く、今日は模型はお休み。写真を撮ったり、他のことも出来なくはないがやはり痛い尾てい骨。 外を歩けば多少はマシになるかと思い、昨日、Twitterで積み木で楽しそうに遊ぶ方…

瞬間stoppable

とてもうまくできたなという模型があって、それはいつどう眺めても美しい。主観の強い世界ではあるが、我が家に飾っている限りは、直でそれを見る人間は限られているので悪いことではない。 前にも載せた、ハセガワの1/72 F6Fヘルキャット。 出来が良くて通…

一度は作っておきたい

ハセガワのA帯、B帯……と続く安い飛行機て少し回転寿司のようだと思う。 いつでも売り場に売っているのとA、B……というライン分け価格で行われているのもなんか皿の色で値段が分かれているとが似ている様な気がするからだ。 なので限定品でもなく、いつも売っ…

蒐集と癒し

ミニカーや模型を買う機会が転職してからグッと増えた。 前の会社では「ワン缶」と称して帰りにコンビニでお酒を買い、一杯やる習慣があって、私はお酒は飲めないながらも数度付き合ったことがあって、それに近い、消費することで快感を得る行為だとも思う。…

その塗膜を落としたときに

今日は模型でデカイ失敗をした。 今までになく飛行機模型の筆塗りがうまく言っていたのでそのショックはとてつもなく、それと同時に自分の甘さを悔いることになる。 原因はいくつかあって、例えば上達を過信してガイアのナイロン筆からタミヤの柔毛のものに…

心と模型-2-

2月の終わりころに適応障害の診断を行政サービスで受けてもうすぐ3ヶ月。 あの後すぐに病院にかかったり、会社に報告したりした。 re-11colors.hatenablog.com 一つわかったのは先生も様々だなということ。 行政サービスで来ていた先生は俺のことをカウンセ…

銀塗装とスケール

模型を作るときにスピード感ってのがあって、そこをこう「形になる速さ」とか「金型がどうのこうので」とか「パーツ点数の少なさ」なんて言語化するパターンが多いと思うのですけど、そういう事実みたいなものを事前事後の要素から引っ張ってくるのと別に頭…

左手の先にプラモの存在を目撃する PLAMAX minimum factory ディードリット

我が家に美少女プラモデルが来ました。ありがとうございます。 ロードス島戦記のディードリットさん。我が家ではエルフ子と名前がつきましたが、名前がつく程度の存在感という時点で我が家の人形の中では特異な存在。 このプラモデルに流れる根底のビートは…

ボックスアートと筆ムラ

「俺だって説明書通りに作れる」と思いながら、比較的そうしやすい飛行機模型、ハセガワの1/72ヘルキャットを作ることにした。最大の難所はコックピット周りの窓を切り抜くという作業。カッターとニッパーで打ち抜いた。繊細のやろうと思えばできるのだろう…

バラと、バケツ一杯のドラマ 1/35 ハノマークD型 シュッツェンパンツァー

バケツが余ってました。最初は荷台につもうかなと思ったのですが突如、銃を持たせるのが嫌になり、バケツを持たせたのです。 ミリタリー系の模型を作っているときに指す嫌気は、大抵こういうもので突然、戦の様子を作っていることにうんざりするという現象が…

組み立てとデカール

駄菓子屋で模型が売っていた時代があったと聞く。 残念ながら俺はそれを知らないが、もしそれが本当だったら、模型をただ切って貼って、デカールを貼るという遊びは割と普通だと思う。普通というか、普通以上にありふれていたのではないかと思う。 その完成…

Diving & watch 6500

私たち世代の「読ませる本」というと森見登美彦の夜は短し歩けよ乙女かなー、なんて勝手に思っています。そこから四畳半神話大系とか太陽の塔とかそういうのを読んで京都に思いを馳せる、と。 その中に樋口さんっておっさんが出てくるんですけど海底2万海里…

ミニチュアとしての模型

こんな時期なので外に出られず、というわけで妻がどうぶつの森をやっているが、手に入る家具がどれもかわいい。映写機は回るし、かき氷も回る。コーヒーミルも回るし、扇風機は首を振りながら回る。石窯は蓋が開いて中は炎が燃え盛っていてピザが置かれてい…

水槽の魚、踊る闘魚

革靴にはまったときから今まで、下駄箱が水槽に見える。 というか実のところ、部屋も水槽に見える。五十嵐大介のリトルフォレストだったかな。部屋中が水に満たされるイメージが描かれたシーンがあって、多分それが頭に強く残っているのだと思う。 我が家は…

見たい姿は見えているか ハセガワ1/48 ドラケン

スケールが大きい航空機はプラを思いっきり薄くできるみたいで、それは翼なんかを触っているとよく分かる。ピターッと薄い板になっていて端に行けば行くほどスーッとキレが増していく。 この厚さのコントラストが生み出すバウンス感はモチーフのシェイプをよ…

横切る風 自分の文章が初めて雑誌に載った話

友達がWEBでファッションライターやったり、漫画を描いてそれが書籍になったりしてて、とてもうらやましかった。 どうすればそうなれるのかはわからないし、自分はそういう意味だとニッチジャンルを愛でがちというか、狭い感じというか、自分が当ててる照明…

この名門さ。ハセガワ1/48とやり合いたい

ハセガワの1/48の航空機。 魅力的なパッケージアートと箱の大きさに惚れる。大人になった俺ですら、ワクワクする。「こんなの作れないよー」と思う自分も少しいるけど。子供の頃ならお父さんに無邪気にねだって、買ってもらったと思う。 飛行機なんかは、そ…

ハセガワの飛行機

箱を開けるじゃないですか。 そうするとボックスアートと関係ないデカールが結構なボリュームで入っている。しかも、かっこよかったりするから困る。 A帯B帯……と続くハセガワの飛行機の好きなところはこれ。 特にジェット機はあのハセガワグレーの成形色のま…

板前と出刃包丁、ライターとキーボード

俺とマイクは板前と出刃包丁 3 on Tree (三銃Sh*t) NITRO MICROPHONE UNDERGROUND ハセガワのミラージュF.1Cを作った。 もっといいことが書きたいなと思っていたけど、それよりも書きたいことが生まれたので書くとする。 今、模型は魔法の世界に近いと思う。…

変態技術の反対側にいるテーブルの俺

「変態技術」流行ってますね。変態的な技術。素晴らしいものをその様に評します。 バンダイの模型なんかはそう言われるみたいです。 日本のラッパーって銃とか薬物の話するじゃないですか、一昔前の話ですけど、たぶん今もそう思う人いると思います。日本は…

模型と時計

模型をきっかけに飛行機に興味がわいて、そこから私の中で着ける意味のある時計が増えた。数年前のメインはヴィンテージウォッチと呼ばれる類のもので小ぶりながらも風防のカットやケースの装飾が美しく、目を細めるような魅力があるもの。最近はパイロット…

室内趣味「模型」の今

高校の体育でサッカーやったんですけど、そのときに先生が「C組の○○はサッカー部なのに一番後ろから指示を出してみんなを動かす。他のサッカー部は自分のポジションをやりながらボールを持ちたがるが、あれは大したもんだ」という話をしていたことがあってい…

張り線を楽しみたい

エデュアルドのファルツを作ったときに張り線という作業そのものが楽しかったので、それだけを楽しみながら良いものが作れるのかという話をします。 張り線は、模型の作業の中では「組み立て」の延長線上にあると思います。作業内容は切って貼るだけなのでつ…

Get Downを探せ

私は銭湯で週刊少年漫画を読む。 ジャンプはもう読んでないのでサンデーとマガジン、チャンピオンの3誌。 読む順番は面白い順。今は、マガジンを読んで風呂に入ってチャンピオンを読んで、サンデーを読む。一気に全部読むのかよ、と思った方。そうです。今は…

無塗装も楽しいのか

私は割と無塗装で模型を仕上げることが多い。 塗装して仕上げたものなんて作ったキットの数の十分の一にもすぎないと思う。無塗装は、楽しい。模型を作る過程の「切って貼る」これにめちゃくちゃフォーカスできる。なんなら、最初は無塗装で作りまくって模型…

無塗装ファイター

色を塗らないという選択肢が持つ危険な魅力の1つに「解釈の幅が広まる」という要素があります。漫画なんかがそうで、白黒のものを見ていても髪の色が何色だとか、服の色がどうだとかってやっぱりわからない。漫画がアニメになったときに「声のイメージが違う…

タミヤのフランス軽戦車R35の謎を追え

タミヤのミリタリーミニチュアの新作フランス軽戦車 R35。フランス軍の小さい戦車。 発表されてすぐに新橋の直営店に行く機会があり、目にしたがあまりの小ささに驚いたのと、部屋に飾るにも良いサイズだと思い購入を決めた。新しいキットにワクワクするのは…

フランスの酒

フランス軍の兵士セットて、珍しいなと思い買いました。目にするものは大体ドイツかアメリカかイギリスです。 開けてみたらニュートラルグレーの成型色。 フランス軍、何色かなーと思ったらグレーでした。水色とかだったら良いのに。そして、満員電車で押し…

良い色の飛行機を

色を集めるっつー手段がありまして、この辺はあんまり模型誌では語られないような気もしますが、一つ明確な手段で木を一本ズドンと植えるような楽しさがあります。 簡単に言えば日頃、目にする色に関心を持ちましょうって話なんですが、例えば消防車と郵便の…