Re:11colors

毎週水曜日更新(2024年6月現在)。模型、日常。面白いことあれば他の日も

オンライン自習室や、睡眠、散髪、ソシャゲの話

オンライン自習室というYoutubeライブ配信を知った。コメント欄に「!in」と入れると「何番に入室しました」みたいな返事があり、擬似的に自習室に入れるというもの。その場にいない大勢が自習室にいて、その緊張感を味わえる。メタバースってこれでは……という気持ちになりながら在宅勤務をしている。とてもオススメ。

 

www.youtube.com

 

 少し前にアイマスクを買ってみた。遮光率が高い「光の遮断」というもの。つけた初日から、驚くくらい眠れている。睡眠という行為が下手で、それは幼い頃に喘息であったり皮膚炎だったりと何もしていないないのに起こる現象に悩まされていたからだと思う。

 

それらへの対応に体が疲れると寝るという感じだった。なので、寝ることへは消極的な姿勢をとらざるを得ず、疲れたら眠りにつくという習慣はやがて、寝るよりも楽しいことがあればそっちを優先するという方向に変化し、朝までゲームをする、本を読むといった生活スタイルとなっていた。

 

当然だが、中途覚醒も非常に多い。朝まで一度も起きないということは稀であり、側から見ると「ちゃんと寝れていない体調不良の人間」そのものであり、"寝るということは朝まで目が覚めないこと"だと思っている人間からはたいそう心配された。

 

「寝ることに積極的になる道具」としてアイマスクは有効に感じる。なにせ、アイマスクをとらない限りは目の前は真っ暗なのだ。初日に「真っ暗だな」と思いながら、試しに目を頑張って開けてみたがたやすく諦めに変わり、気づいたら寝ていた。この状況を打破するにはアイマスクを外すしかなく、外すのがめんどくさかったり、気合いで外さないように耐えたりすると気づいたら寝ている。

 

 

最近、髪を切ることが面白い。なぜかというと15年近く通った店を変えたからだ。理由はスタッフの退職で、残されたのは年老いたオーナーのみだったから。退職後に教えてもらった店で髪を切ってそろそろ一年になると思う。

 

初期の頃は、かつて私の髪を切っていた彼の仕上がりの幻影を追うようなカットをお願いしていた。ただ、髪を切っている様子を何度も見ていると、どう見ても切り方が違う。形を作ってからタッチを入れて行くという工程が面白くて、そのことを話すと喜んでいた。なので、前回くらいからは、それが活かされるようなオーダーをしている。仕上がりに華があって、その人らしい髪型の作り方を見られるのがとても良い。

 

そんなことを考えていると、何をするにしても他人の長所を引き出すことの大事さを感じる。同じような仕上がりよりも、彼らしい仕上がりの方がずっと良いからだ。髪を切ることにすらそういう、対話の醍醐味みたいなのがあるもんだなと思いながら、私の髪の毛はふわふわとアクセントの入った仕上がりになっている。代わりに二度とカキンと音がしそうなスタイルにならないわけだが、どちらも魅力的だ。

 

 

勝利の女神NIKKEをずっとやっている。なんだかんだでほとんど毎日ログインし、日課を消化している。背中と言いながらお尻を前面に押し出したゲームだと思いきや、ストーリーの重さに魅了されて続けている。始めた理由はキャラクターのかわいさもあるが「立ち絵と射撃時のモーションだけモデリングする」という省エネというか、魅せたいところに注力するという考え方に感心したというのもある。例えばウマ娘なんかは360°ばっちりモデリングをするので、それに対して随分と削ぎ落とした手法だなと感じた。その分射撃モーションはびっくりするくらいよくできているわけですが。

 

グッズ展開をいつも楽しみに見ているのだけど、主要キャラではないものを立体化してくれるのはありがたく、ユニとブリッドのヌードルストッパーは「そのチョイス!?」という驚きも含めて気持ちよかった。私は熱心なファンなので(今も「主要キャラではない」とユニとブリッドを評することに悩んでいる)、こうした凝りすぎていないフィギュアが嬉しかった。立ち姿フィギュアを提供してくれる点にヌードルストッパーの魅力があると思っている。座ってたり、身体を預けている姿は、ビシッと立っているよりも生き生きとしている。カードが入っているウェハースはいまだに買えていない。

 

今日の物販

 

 

 

 

 

ダイエットとカメラとサイコロとミニチュアの収納について

 

記事にしようとするとかしこまるし、そのせいで書きたいけど書けないみたいなものがいくつかあるのでパラパラと思っていることを残しておくことにした

 

3ヶ月くらいダイエットを頑張っている。薬の副作用で太って以来痩せられないかなと悩んでいるから。今は薬は飲んでいないので、残るは痩せるのみなのだ。ある日ふと、ダイエットって何を食べるのかのデッキ構築だよなと気づいた。空になった冷蔵庫のおかげだ。食べるもの全てが身体によく、太りにくいものだったら自ずと痩せるはず。

 

そう思ってからは暴飲暴食の対象はチョコレートやポテトチップスではなくヨーグルトになり、ウィンナーの代わりに袋詰めにされたサラダを貪り、冷凍庫には濃い味のパスタやつけ麺ではなくて雑穀米に枝豆を混ぜたものを冷凍するようにした。運動して痩せようと思っていたが、運動している時間分創作の時間が奪われるのが嫌でやはり相性が良くない。こうして「アグロ暴食」から「クロックパーミッション暴食」に変貌したのであった。

 

ポイントは「暴食」であることはさほど変わらないことだ。なにせ食事制限で痩せようと調べると「〇〇は身体にいいです。ただし食べすぎるとかえって太ります」みたいなフレーズが目につく。「そうなんだ……」と納得していたが、よく考えれば大容量のヨーグルトを1つ食べるのとポテトチップスを1袋食べるのと、どっちがマシなのかの方が問題だ。食べ過ぎのヨーグルトは、ポテトチップスよりはるかにマシだし、夜に食う炒めたウィンナーよりはドレッシングをたっぷりかけたサラダの方が痩せるのだ。そうして3キロ痩せて行った。

 

ただし、合う合わないがあるようで、自分は豆腐はまるで食べられない。逆になぜか冷凍餃子にめちゃくちゃハマっている

 

 

外で写真を撮ろう!と思うとついついカメラの設定をいじって、しっかりと写真を撮らねばと身構えていた。シャッタースピード優先モードで撮影してしまえば、絞りを決めるも何もないなと気づいてからはずっと外での写真はそうしている。あーでもないこーでもない、写真とは……と頭の中でガミガミ声が聞こえてくるが、こうするともう高級な写ルンです状態なので、”そういう写真”という感じになる。老酒舗で撮影した食べ物は被写界深度が浅くボケボケだけど、それでもレンズの力は存分に発揮されている。なので、こんな感じでいいんだろうなと思う。

 

 

サイコロを振るのが楽しくて、何かいいサイコロはないのかと知人に聞いたらCHESSEX社のダイスがいいと教えてくれた。ウォーハンマーではとにかくダイスを振るので、かっこいいダイスが振りたいのである。それに「良いダイス」という世界があることが知的好奇心をものすごくくすぐった。

 

買おうにも日本での取扱店はかなり少なく、まだ購入できるものは気にいるものがなかった。いつだって、売り切れているものが欲しいものだったりするものだ。満足いくものを買わないと後悔するのはわかっていたので、アメリカから海外通販を行うことにした。送料がものすごく高くなったので、会社の先輩に話を持ちかけたら、TRPG用にいくつか購入するとのことだったので送料が安くなった。

 

それにしても「なぜここまでサイコロが欲しいのか」と自問自答すると貴石のような美しさかつ、樹脂の塊というのが良いらしい。振ったときの重さだとか、テーブルやダイス同士がぶつかる音などにワクワクしている自分がいるのも面白い。

 

延々とシャドウバンを食らっているInstagramのアカウントを新たに作り直した。これはウォーハンマー向けのアカウントで、英語でコメントを入れるようにしている。運用していて気づいたのは、ペイント名人みたいな人以外にもたくさんの愛好家がいるということで、中級者くらいの層写真を見ると、仲間がたくさんいるような感じがしてとても嬉しい。主にNecromundaの投稿をしている。たくさんイイねがつくので、やっぱり元のアカウントはシャドウバン食らってる。

 

 

完成したミニチュアが棚にわらわらと固まっているのが嫌で、収納を考えた。池袋西武の謎の店POP UPで購入したコンテナが使い勝手が良かったので供給元をたどるとNFボックス1.5というものであった。それを大量に揃えようかと思ったが、蓋つきのものがあったのでそちらをいくつか購入した。ラベルを見たら、ホームセンターがOEMで依頼しているオリジナル商品だった。おかげでミニチュアを綺麗に保管できるようになったので大満足。綺麗に飾るというのと同じくらい、綺麗にしまって見えないところへ片付けるというのが自分としては大事っぽい。綺麗に飾ってあっても、嫌になれば「わらわらと固まっている」という印象になる。ほとんどのものをしまい、お気に入りのものをわずかに飾っている今はとても気分がいいし、飽きたら入れ替えられる楽しみがあるのが豊かだ。

 

2000文字を超えたので、とりあえずここまで。まだ記事にするほどでもないけど書きたいことはたくさんあるので、別の記事に書いてもいいだろう。

 

 

 

 

 

 

今年も都市対抗野球を見に行きたいので日程順にトーナメント表を並び替えた。

 

地元だとか母校だとかそういうものに帰属意識がなくても愛着が湧きやすいものだなというのが社会人野球観戦歴2年目の実感だ。

 

昨年は、見に行きたくてたまらなくて我慢できず東京ドームへ足を運んだ。それが私の都市対抗野球デビューだった。スタンドから応援していると、なんだかわからないがプロ野球とは違う面白さがあった。社を挙げて応援していることが新鮮だったような気がする。あとは知っている会社が野球をやっているという様子に妙に心を奪われた。JRとかヤマハとか。高校野球と違うのは、そこに所属せずともサービスを享受している組織として企業があるというところだと思う。

 

 

トーナメント表が先日発表された。ただ、日ごとにどの試合をやるのかがわかりにくかったので日付順にまとめた。なんでこれをやるかというと、まだヤマハJR東日本が好き! 程度の私のような人間のため。色々なチームの特色を知りたいとなると、贔屓のチームが勝ち進んで行く様子を抑えるためのトーナメント表とは別に、この日はどこが戦うのかを把握したいのだ。

 

 

表を見てみると19日(金)は開幕戦で18:00開始の1試合のみ。それ以降は3試合開催の日が準々決勝まで続いて、準決勝の日は2試合、決勝の日は1試合という日程になっている。3試合見れる日に行くと一日中楽しむことができるという計算だ。昨年は10:00からと14:00からの準々決勝を見て、面白すぎたので決勝戦を仕事帰りに見た。それくらい活気のある応援にワクワクして取り憑かれていた。

 

社会人野球は企業の特色が応援に現れるのが、わかりやすい都市対抗の魅力だと思った。JR東日本のJRファイヤーだとかヤマハの演奏技術のの高い応援だとか。それ以外にも、思いもよらぬ企業が出ていることに驚いたりもする。ミキハウスなんかは、ろくに何も知らない私からすると特にそう感じたので見に行きたい。

 

今日の物販