Re:11colors

毎週木曜日更新です。

追いやる物について

http://instagram.com/p/fNKEs-MlGm/

 

スニーカーを下駄箱の隅に、そしてゴミ集積場に追いやったのは間違いなくこいつである。

革靴の楽しさというものを見出させてくれた靴は沢山あるが、この靴に関して言えば先の一文の通りの役割を果たしている。

九分仕立てという靴の性質上「返り」と呼ばれるソールの屈曲性が高いのだが、底にゴムを貼り、かかともゴムにチェンジしたので滑りにくくなっている。それに加えてスエードにワックスを吹き付けるということをしたのでめっぽう水に強く濡れるとしたらウエルトから水が侵入するくらいだ。

 

最早「滑る」ということと無縁。

そして「濡れる」ということにも無縁。

 

表革は裂けるということが起こるというのはよく聞くがスエードに関しては今のところ耳にしていない。こうなってくると「ずっと履けるスニーカー」に変貌を遂げているといっても過言ではない。

こういう、エポックメイキング――というほどではないのかもしれないが既存のワードローブやセオリーを覆してくれるものがあるというのはとても楽しいことで、服というのは常にワクワクさせてくれる存在なのだなと改めて実感させられた。

 

いわゆる革靴というのはスニーカーなどと比べてそれなりのものを買うには結構お金を出さないとかえって損をするものだが、高いものを買えば買うほどどうしても履くということに「怖さ」を覚えるものでもあると思う。

 

この靴は貰い物ではあるけど、スペックやその出自が生み出した「気兼ねなくどこでも履ける」という気持ちのおかげで頻繁に用いることができる。

 

本当に自らの物になっているのは実はこの靴だけかもしれない。