Re:11colors

毎週木曜日更新です。

聞き方は定型文

上司に取引先含め周囲との関係を見事に良好に築き上げる人がいる。

 

いろいろ話を聞いて見るとまだ自分にはわからないこと、その反対のことが見えてきて質問をして返って来たのがタイトルの一言。

 

私が「僕もあんまり人に聞いたりするの得意じゃないんで、今の話に出ていた人の気持ちわかるんですよね。聞き方がわからないというか」と話すと「周りに『この人は出来るな。大丈夫そうだな』って人を見つける。で、聞き方は"コレ"」とすり鉢でゴマを擦る動作。

 

「あぁ"コレ"ですね……あんまりやったことなくて、わからないんです」。

「簡単だよ。聞き方は定型文。『基本的なことで申し訳ないのですが、わからないことがあって教えて頂けないでしょうか』これを覚えれば大丈夫」。

 

この話を聞けて良かった。

そのあと「聞くのが恥ずかしい」という話もしたけどそれは慣れの問題で、慣れるために教えてもらったような聞き方をすれば良いと教えてくれた。

自分は人と話すのがそこまで得意ではなかったりして、相手の反応をじっと見ながら話すんだけどそういう点で電話が苦手だったりもして……。という感じの負のループで特に仕事上のコミュニケーションはかなり神経をすり減らしながら進めるのだけど少しでもマシにやっていけるようなライトを一本手に渡してもらえた気がする。

 

蛇足だが、この上司との会話中に「わからない」や「恥ずかしい」と自分の出来が悪い部分を素直に言葉で伝えることは去年の今頃に覚えることができた(そこまで覚えていておきながらも教わったような聞き方が出来ないあたりにコミュニケーション能力に問題を感じる。実際の所、プライドが高くて「わからない」とか「教えて下さい」なんてことが言えないんだろうな)。