Re:11colors

毎週木曜日更新です。

引っ越しという名のエクソダス。そしてそこで得たものは。

とうとう今住んでいる部屋から引っ越すことになった。

 

この部屋は、狭いし、自分は物が多いからもっと狭いし、でも駅から近いし風呂トイレ別だし、まぁいい物件だったと思う。

もう8年くらい住んだわけだけど、一人暮らしは精神を病むととてもしんどい。

たまたま、Twitterをやっていたおかげでそういうしんどさはうまく紛れることが多かったけど、ひどいときはこの部屋が牢獄に見えた。最近はそんな見えないけど。

 

先の見えない人生、光の差さないキャリア設計。

 

こんなものに囲まれると本当にどうしようもなくなるし、僕は酒も飯も興味がないし、そんな思いをしていたときは旅なんてできるような賃金で暮らしていなかったから、そんなこともできない。それに、酒も飯も一時的な「しあわせ」だし、根本的な解決にはならないし、旅に出たって仮出所みたいなものだ。

 

そこから転職して、そのときはもう会社なんてものに騙されてはいけない、働くことがえらいことでもない、苦労をしたり我慢をすることや、そういう立場にいる自分を周りや世界が変えてくれたり、見つけてくれて救ってくれることなんておそらく無いだろうって思って働いてみて、どうやらそれは本当みたいですぐにそこを辞めて、いろいろあって今の会社に来るまでに、好きなことを一生懸命お金と時間をかけて、そして人に協力してもらって続けてみると

 

「やっぱり好きなことをやることは良いもんだ」

 

と気づいたりして、ちゃんと自分が好きなことをやるようにしてみると、牢獄は研究室になって、それで今の会社でしっかり働こうと思ったら、今度はその経験が仕事一つ一つに「これはイケる」「これはダメ」なんてのがわかったりして随分と変わった。

その研究室は、資料で溢れかえり、研究を発表するようになった。今度は足りないことが見えてきて、そうすると不思議なもので「これはイケる」という考えが、苦手だなと思っていた分野にもジワーッと染み出て広がってきたようで、やってみると、今はそれが楽しいことになった。

 

その感情って、すごい不思議で、僕はそれを認識するまでは「長所を伸ばし続けるべき」という強い意志があったから「できることが更にできるようになる喜び」しか見ていなかったんだけど、「できないことができるようになる喜び」として、苦手なことが上達していく様子を楽しめるようになった。

 

それは具体的に言ってしまえば「絵」の話で、それに関しては絵が描ければ、

 

・ライター

・エディター

 ・イラストレータ

 

が揃うわけでこれで、本を作るための要素が全て揃うことを意味していた。

イラストレーターとしての自分、というのを生み出せれば自分の持っているものが更に大きな成果を生むのはわかっていたけど苦手で、嫌だったのに。

 

f:id:nero_smith:20180830215256j:plain

 

ただ、こうして絵が描けるようになると少し飽きてきて、立体物に興味が湧く。

ここで「できないかもしれない」という不安と「できないことができるようになる喜び」は戦うことになる。

 

f:id:nero_smith:20181025212145j:plain

 

結局、後者が勝って、失敗して同じキットを何回も作ったりしてある程度できるようになって、なんて続けていたらプラモデルはしっかりと趣味になってしまった。

「引っ越す」って言ってるのに、梱包されたダンボールには引越し先で作るプラモデルがもう入っている。それだけ、好きになったということだ。

 

僕は、こういうところがすごいラッキーだなと自分でも思うんだけど、最初の方に書いた、お酒とか食べ物とか、旅行とかに興味がなかったせいでどれも、団子が串に刺さるようにわかりやすく繋がることにハマっていた。

あとは転職の過程で自分と社会を客観的に見る癖がついてしまったので、そういう意味では文章がフラットになったのも良いなと思う。

好きなことは何でも、色々なことを考えながらやっていてそれぞれがつながっていることもよく分かる。

 

苦手なことは、それが本当にやりたいなら、何度でもやれば良いことは絵で知ったし、難しい本を読むことも、一度に完璧クリアではなくて何度も何度もダンジョンにチャレンジするように続ける読み方も有りだってことも知ったし。

 

だから、この部屋で最後にハマったプラモデルという趣味は

 

・失敗したら買い直す

・いきなり完璧な完成を目指さない

 

というコンセプトのもと続けられたという点では、この部屋で得たことの集大成の一つだと思う。

そして、今は引っ越しと文フリの印刷会社への、自分が設定した締切が見事に重なっていてすごい大変なんだけど、でも出店の告知をTwitterですると何度も会っている人が拡散してくれたり、具体的に褒めてくれたりして、結局、最初の「Twitterやっててよかった」ということに戻っている。というわけで、モチベーションがしっかり上がっている。

 

 

 

 

もう、日曜日には引っ越すし、土曜日には本当に大事なものは自分で運びたいから少しは動かないといけないから、大変な時期に差し掛かっているけど、とりあえず俺は、今週末にこの牢獄だと思った部屋から無事に出ることができる。しかも牢獄を、研究所に作り上げて成果を出して、出ていく。こんなに嬉しいことがあるだろうか。

 

来週は、新しい家からの更新です。

 

多分、広くなるからおしゃれブログに変わったりするかも。なんて。