Re:11colors

毎週水曜更新(2021年9月現在)。革靴、模型、日常。

夢に出るほど

僕は子供の頃から眠りが浅く寝つきも悪いのだけど、それが精神的に参ってくると明確な病の症状と判定を受けたりして、しばらく睡眠導入剤を服用する日が続いてた。

 

最近は快方に向かっているのでほとんど飲むことはないのだけど、そうすると中途覚醒が普通に起きるので、これが生来持ったものなのか病のせいなのかがわからなくなる。それにしても薬を飲んでズドンと寝てしまうときは夢の一つも見ないで寝てしまう。なので、飲まないで寝る日は夢が見られる可能性がある日だったりする。

 

今朝は4時頃に起きたのだけど見た夢がたいそう気分が良く、今書いたようなこと、つまり「薬を飲まないと夢が見られるもんだな」ということにとても嬉しさを覚えたりもした。

 

夢の中で僕は、白熱球でオレンジ色に照らされた机の上でバルサ材の飛行機模型を作っていた。

 

設計図の上に、主翼のパーツを並べてマチ針で固定する。垂直を出すためにL字の金具をいくつか使ってパーツのアライメントを決めてあげる。木工用のボンドを少しずつ着けながら、骨組みを固定していく。机の上いっぱいに並べられて、主翼の形になった木材を見て、少し満足して部屋を離れることにした。

 

接着剤が乾くまで、と散歩をしていたのだけどマクドナルドの前を通り過ぎたときに「お腹が空いたな」と思い、振り返って戻ることに。駅前のお店は混んでいて、結構人がいる。何を頼むか決めて、順番が来ると店員さんがめちゃくちゃかわいい。かわいいというか、好みの顔だ。AKB48柏木由紀ちゃんとか、カーリング女子中部電力の石郷岡葉純選手とかそんな顔。この手の顔ってなんていうんだろうって思いながら、店員さんと話すのだけど、なぜか話が弾み、接客のオペーレーションだけではない会話をした。顔もいいし、感じもよく、向こうもなぜか話してくれる。不思議だ。なんの話をしたかは覚えてないのだけど、彼女が突然

 

「そうなんですよね、うちのお店の地下には、F6Fが埋まっている」

 

という話をしだした。「え? F6Fですか?」と僕が返すと彼女は続けて「そう。ヘルキャットが埋まっているんです。よければ見てくださいね」と話をしてくれて「はーん?」と思いながら、地下に降りてF6Fの機首が突き出た壁面を見ながらハンバーガーを食べた。食べ終わって店を後にするとなぜか手にはゴム動力のプロペラ機を持っていて「あの子可愛かったなー」なんて思っていたら、そこで目が覚めた。

 

起きて、なんだか腹が減っていたのでカカオが70%くらい入っているチョコレートを一枚食べて、スマートフォンを開くと4時。「なるほどね」と、なぜか訳を知った風なつもりになりとりあえずいい夢を見たのでTweetしておいて、また寝た。

 

f:id:nero_smith:20210317191331j:plain

 

最近は、飛行機模型を作って気分が良いことが続いたし、成果物がいい感じに並んでいるのが嬉しい日が続いているのでこういう夢を見たのかなと思う。バルサキットとかゴム動力の飛行機は昨日作ってみようかなと思ったので夢に出たのかも。

僕も、気づいたら飛行機モデラーだ。

 

今日の物販