Re:11colors

毎週水曜日更新(2022年11月現在)。革靴、模型、日常。面白いことあれば他の日も

「演出した自分」と「本当の自身」YELLOWS PLUSのメガネを買った。

 

メガネのレビューの面白い点は、読んで同じものを手に入れようとしてもなかなか手に入らなかったりだとか、そもそもかけてみたら似合わないということがある点だ。それくらい、人の顔というのは違う。

 

レビューの意味とは。

 

せいぜい、こんなメーカーがあるんだなというところまでがゴールなんだと思う。あとは取扱店で掛けまくるしかない。良い接客というのがあるとしたら「演出した自分」と違う「本当の自身」に対してのアプローチがなされたことを指すのだと思う。

 

 

その日着ている服を褒めるのではなく、それとは明らかに方向性がずれていて、いつもつけているであろう指輪やバッグなどを褒めるみたいな。だから、馴染みの店を作ると良いという話になる。

 

YELLOWS PLUSのメガネは珍しいクリアオリーブのプラスチックフレームが特徴。ゴツゴツしたデザインは重厚感があるが、素材の選択でうまく軽快な姿を演出していると思う。

 

これと、もう一つのフレームで悩んでいた。ただ、選ばなかった方は「なんかこれだと、メガネに興味持ち始めましたって感じになっちゃうね」と言う一言で選考から外れることになった。「似合う、似合わない」ではなく「どう見られるのか、見られたいのか」に関わる、いい一言だなと思った。

 

 

この店では4本くらいメガネを買っている。最初に買ったのはもう10年近く前だからあんまり記憶がないが、一貫して「イヤなやつになりすぎないように」というテーマで、選んでもらったり選んだりしていると思う。

 

そういう意味では「イヤなやつに見えちゃう」と言われてもなんとも思わない関係性が面白いし、表面上の似合う似合わないではない部分を見てもらっている感じがする。

 

似合うメガネってなんだろうっていうと、つまるところは「信頼できる人に選んでもらったメガネ」になるのだろう。だって、新しいメガネで人に会ったときに「似合うっしょ」って言えるってそういうことだし。

 

 

m.matoi.main.jp

 

今日の物販